糖尿病食は通販から購入しよう|美味しい病食のコンシェルジュ

シニア夫婦

食事療法が全ての基本

食卓

規則正しい食事を続ける

糖尿病は合併症に繋がる怖い病気です。糖尿病の治療目的は血糖値を正常な数値に戻す事であり、主な治療方法は、薬物療法・食事療法・運動療法などです。基本となるのは食事療法であり、病状の進行具合により薬物療法や運動療法も行います。食事療法の為の糖尿病食は、特別な物ではなくて良いとされます。食べるべき物も、食べてはいけない物なども無く、普通の食事を3食きちんと取る事が大切です。そしてその習慣を長期に渡り続ける事です。また糖尿病食を規則正しく摂る必要があります。一日3食の食事の時間と食べる量をできるだけ一定に保ち習慣化する事が大切です。空腹の時間が長くなると急激に栄養素が吸収され脂肪が付きやすくなってしまうので、食事の時間配分に気を付けなければならないのです。

自分に適したカロリー

糖尿病の方が糖尿病食を摂る上で難しいのがカロリー摂取量です。1人ひとりの必要なカロリーの摂取量は個人差があるため一定ではありません。したがって性別や年齢、肥満度や運動量、さらに血糖値や合併症の有無を考慮して医師が判断します。 医師に指示された適正カロリーを実際に家庭の食卓で実現するのはとても難しい事でもあります。献立レシピなどを参考に手作りする事を出来ますが、同居する家族の食事なども考えると大変な事です。現在では通販や宅配弁当で糖尿病食を購入したり、毎日届けてもらったりも出来ます。通販で買える糖尿病食はカロリー別に選べるので、自分に適した糖尿病食を選べ、利用者も年々増えています。また和食・洋食・中華が揃っているので、好きなものを選択できて飽きが来ないのも魅力です。また通販だからと言って味や品質が悪い事はありません。栄養の専門家や調理の専門家を監修として糖尿病食は作られており、味が悪いどころか家庭の味をも上回ると言われています。通販だからと心配する事は必要ありません。